学校を卒業したばかりの18歳の女の子と期間限定の同棲生活[エッチ体験談] - エッチ体験談 オナニー専用エッチな話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校を卒業したばかりの18歳の女の子と期間限定の同棲生活[エッチ体験談]

18歳の女の子と10日間にわたって
期間限定の同棲生活がはじまった

実は彼女とはかなり以前からメル友の関係で、
年が離れた私に興味を持っていたらしいのですが、
当時は彼女はまだ学生で彼氏も居たので
最初は会ってもエッチ無しでただドライブに行ったりする仲でした

しかし先月になってどうやら彼氏と別れたらしく
さらに4月から一人暮らしをしつつ1年間就職も進学もせず、
18歳の1年間、今でしか出来ない事を体験し、

翌年から専門学校に通いたいとも言ってました。

(欧米ではよくある話だそうですが日本では珍しい、と言うか世間が許さない)

 そして先月末に会った時、別れ際に

「来月から家探しするんだけど、
住む所が決まるまで10日間ほど居候してもいい?」

と聞いてきたのです。これには正直驚きました。

最初はどうしようかと思ったが、
彼女を信じて受け入れる事にしました。

すると彼女の態度が微妙に変わり、
私をジーと見つめ甘える仕草をするのです。

 人気の無い所だったのでそのとき
私は彼女を抱きしめ長めのディープキスをし、
さらにおっぱいを揉み、お尻を触り、
さらにミニスカだったのでスカートをまくりあげ、
太ももやパンティ越しにお尻やアソコまで手が入ってました。

そのとき彼女のアソコは濡れてました。

彼女の「来月はよろしくね」という言葉とともにその日は別れました。

 そして4月のある日から同棲生活が始まりました。

基本的に掃除、洗濯、食事は彼女が全部やってくれました

食事も主婦並みにバリエーション豊富で美味しかったし、
掃除もきちんとやってました。

この子はいずれいいお嫁さんになると確信。

 そして初日の夜、お風呂は別々でしたが、
彼女が風呂場の前で服を脱ぐところをチラッと見たときは思わず興奮。

そして寝るのだがうちは一人暮らしなのでベッドが1つしかない。

思い切って私が「一緒に寝よう」と言ったらあっさりOK、
広めのベッドなので最初はお互い遠慮がちにすこし離れていたが、
いろいろ喋っているうちにお互いの距離がじわじわと近づき、
自然な流れ(?)で彼女を抱きしめてキス

 それからは完全に遠慮は無くなり、
パジャマを脱がせパンティ1枚の彼女の姿に
興奮しつキスで唾液を味わい、首筋、
そして張りがあり形のいいオッパイを舐め回しました。

そしてお尻や太ももを攻めて最後にアソコに到達。

18歳の肌は舐め心地がいいです。

パンティを脱がし、びしょ濡れのアソコをじっくり舐めて味わいました。

 次はフェラチオ、彼女、結構うまいと思った。

前の彼氏に鍛えられたのか。

そして私は彼女の体の中に挿入、
アソコの締りが良く天国に逝きそうなくらい気持ちよかった

しばらくすると彼女の表情に変化が。

どうやら膣イキたようなアヘ顔をしていた。

そのあと私も昇天し、横になると彼女が私に
抱きつきキスをしてくれるではありませんか。

 私は嬉しくなりお互い気が済むまでキスを交わしました。

それから10日間毎日のようにSEXをしていました。

最初は夜だけだったのが、朝、目覚め時にエッチするようになりました。

これが結構気持ちよくて、平日の出勤前の朝6時頃にエッチする日もあったりしました。

 彼女もアパートを見つけて一人暮らしを始めたので
こんな夢生活もすでに終わってしまいましたが、
ちなみに彼女の今しか出来ない事のひとつに彼
氏以外で歳の離れてテクニックのある人と
エッチをしまくりSEXの気持ち良さを味わいたいとの事でした。

今ではセックスフレンドの1人として付き合っています。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。