モテる男は彼女いるのにバレンタインデーに女友達に告白され、そのまま口内射精させる [エッチな話]  - エッチ体験談 オナニー専用エッチな話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテる男は彼女いるのにバレンタインデーに女友達に告白され、そのまま口内射精させる [エッチな話] 

8歳年下の女と
と某県某市山の上の展望台にて待ち合わせした

俺は彼女有で相手は彼氏いなくフリー

ただし俺のことが好きだった事あり

まあぶっちゃけ俺モテるしねー

その子とは以前にHした事あり。

でも挿入はしなかった

ただしコンドームが無かったため
手マン潮噴き→クンニでイカせる
→攻守交代でフェラ→精飲まで

会って、その子の車でしばらく普通の会話してた

バレンタインチョコを恥ずかしげに
出すその子(以下A)

「人がくるから後部座席で話そうか」

後部がスモークガラス
しばらく手を繋いだり指絡ませてた


ふと会話が自分たちの
男女の関係になったとこで抱き寄せて

「またキスさせてよ」

「…うん」

でキス

舌入れたら俺の口の中の唾液ごと
強く吸ってきた。

まだ俺に惚れているらしい

こうなりゃやりたい放題

服の中に手を入れ、ブラはずして乳揉み。

「んー」って声出しながらも拒まない。

乳首攻めたところで泣くAちゃん。

「ばかっ、忘れようとしてたのに」

「嫌?やめとく?」

「嫌だけどやめたらもっと嫌!」

服をまくしあげて胸のサイズの
割に小さい乳首に吸いついた

なお俺は三十路、相手は二十代前半

「触るよ」

「いちいち言わないで!恥ずかしいの!」

激萌え。

おまんこはもうとろとろヌルヌル

液体が中指にたっぷり絡まったとこで
クリ攻め開始。

「あっ!やっ!んん~」

自分からキスしてきて舌まで入れてきた

「Aちゃん、俺が二人目?
正確には最後までヤッてないけど」

「…」

無言で頷く。

「その割に反応いいよね。
ひとりでしたりするでしょ」

バシッと叩かれた。図星らしい。

一応誰が近寄るかわからないので
俺のコートをAちゃんの腹の上にかける

指をマムコ挿入、右手で手マン開始。

口はキスして声出すのを封じる。

左手はAちゃんの首の後ろから左胸を揉む。

この状態で中指薬指を伸ばしたり
曲げたりしながら手マンするとAちゃんは悶える。

キスしてても声が漏れる。

「んっ!ふぁっ!や、いや!」

「嫌じゃないでしょ?」

体がのけぞり始めた。

もう一押しでAちゃんがイク。

ここでAちゃんの右乳首に吸いつく。

右の胸を舐め、左乳首は
Aちゃんの唾液をつけてヌルヌル刺激。

右手は体を持ち上げるくらいに強く動かす。

「あ…あぅ…はぁっあ~だめ!
やばい、やばい!ああっ」

Aちゃんの体がグッと反る。

痙攣が終わるまで三点攻めは終わらない。

Aちゃんのマン汁がいっぱい右手についた。

少し舐めたあとキス。

右手でAちゃんの左胸を鷲掴みにした。

Aちゃんが落ち着いた後、
また「ばかっ!」って叩かれたが気にしない

「次、俺も同じようにしてよ」

「うー」

Aちゃんの頭押さえて俺の股間に誘導。

初彼に仕込まれたのかなかなか上手。

ただ俺がフェラだけじゃなかなか
イケないので一度手コキに変更。

一緒に乳首舐めもお願いした。

Aちゃんの舌が左の乳首、
左手が右の乳首、右手はしごいてくれる。

手コキは下手だけど熱心に
やってくれるからそれがまた激萌え。

下向いて一生懸命やってくれる。

俺がAちゃんにしたように、
Aちゃんもまたねっとりと乳首を舐めまわしてくれた。

イキそうになったとこで

「また口でやってくれる?」

とお願いしたらぱくっ。

やっぱり上手い。

舌を固くして尿道に入るくらい押し当てたり、
舌柔らかくしてカリ裏をじゅわっと舐めてくれたり。

「あーやばい、このまま出させて!
イクッ」

Aちゃんの頭を押さえる

ビュルッ!ビュッビュッ!

「んっ!んうっ!んぁ」

口内射精。

ごくっとAちゃんが俺のをくわえたまま
口の中の液体を飲んでくれた。

口元から飲みきれなかった
精液とAちゃんの唾液が混じったものが垂れてくる。

「うぇ~!ニガいよぉ~。感謝しろ、ばかぁっ!」

暗いけど泣いてるのがわかる。

好きだった(今でも?)人に性的行為
させられた切なさなのか、
口の奥まで勃起チンコ押し込んだからなのか。

両方かもしれない。

その後しばらくいろいろ話した。

でまた悶々として、
一連の流れがすげえエロい感じだったからかな、
ふだん口内射精したあとに
女とキスなんかしない俺だけど、
舌絡めたり、入れたり、吸ったりした。

「俺さん、変な味する」

「Aちゃんの体から出た味だよコレ。
Aちゃんからも変な味がする」

「俺さんが出した味じゃん?」

「…Aちゃん、口に唾溜めて」

「え?…んんっ」

キスしてAちゃんの口の中の
唾液を吸い込んで飲む。

言葉を理解したのか、
キス中にも唾液溜めてくれて、
それを飲む。

飲んだ後こっちも唾溜める。

Aちゃんの舌が俺の舌の
下に入り込み、ジュル…ッ…ごくっ。

二人ともキス終わったあと、
見つめ合いながら、やけにエロい声の

「はぁ…」

って吐息が出た。

そのあとAちゃんの首、鎖骨。

服まくしあげて胸。脇の下。

お腹、へそと舐めまわした。

乳房は口に吸い込むだけ吸い込んで、
痛くない程度に噛む。

「痛い?」

「痛くないよ…あのねぇ
なんか噛まれた時うれしい、
って思っちゃった」

ぎゅーっと抱きしめた。

「うー…くるしーよぉー」

と言われてやさしく抱きなおした。

「ありがとう。Aちゃんがすげーかわいい。」

「ここまでしてもあたしを
彼女にしてくれないんだね」

「ごめん」

「あーもう!あほっ!ばかっ!
いつか刺されて死んじゃえ」

ここでAちゃんが
友達の頃の雰囲気に戻った。

その後バイバイして終わり。

もうAちゃんと会うのは危険だから切ったよ。

これ以上深く付き合うと
Aちゃんも苦しむだけだし、
ストーカーとかになられても嫌だしね

本命彼女もいるわけだし、
わざわざ地雷を踏む事もない



関連記事
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。