メガネハゲと加齢臭が好きな私 [えっち体験談]  - エッチ体験談 オナニー専用エッチな話

メガネハゲと加齢臭が好きな私 [えっち体験談] 

私は40代以上のサラリーマンとセックスする事に興奮します。

こうやって今日も仕事帰りのお父さんとセックスを楽しんでいます。

本当に変態ですよね。

加齢臭が堪らなく好きで、どっぷりお腹の出た太鼓腹のメガネハゲが堪らなく好きなんです。


この間、掲示板で知り合ったお父さんとテレホンセックスした後、直接お会いした事を話します。

年上にしか興味がない私は、いつものようにサイトにログインして待ちぼうけしているとツーショットのコールがありました。

相手は、年齢52歳、既婚者のサラリーマンだったのです。

理想の男性とテレホンエッチが出来るなんて正直嬉しくて、久しぶりにエロボイスで盛り上がりました。

「君、いくつ?」

「23歳です」

実年齢を言うと

「本当はいくつなの?おっさんが好きなの?」

なんて質問責めなんです。

「あ、はい。本当に23歳で、お父さんみたいな男性が凄くタイプなんです」

と言うと

「へぇ珍しいね。でもサポなら断るよ。本当にやりたいならホテル代は出すよ」

私は今すぐやりたかったので

「ちょっと電話でエッチな事したいです。今裸なんです」

「そうなんだ。じゃおじさんも脱ごうかな。お腹出てるけど、気にしない?」

当然気にしません。

「君、お父さんみたいな人が好きなの?加齢臭とか気にしない?」

「頑張ってるお父さんの匂い大好きです。たくさん嗅ぎたいです」

私は思わず本音を言うと

「脇の下とかアソコの周りも本当に臭いよ。まだ風呂入ってないからね」

電話越しですが、本当に匂いがしてくるかのような勢いで言葉責めなんです。

「良い匂いです。汗の匂いも好き」

私のマンコはビチョビチョに濡れてしまっていたんです。

電話エッチだけでは物足りなくなり、早速会う事になりました。

待ち合わせ場所に向かうと、お笑い芸人の島田洋七みたいなおじさんが駅のホームに立っていたので、すぐに分かりました。

「初めまして」

と声をかけると

「援交みたいだから、あまり人がいない所に行こう」

と言われ、すぐに車に乗って近くのホテルへ直行。

おじさんも私の事を気に入ってくれたみたいで、ホテルに入るといきなりのディープキス。

舌を絡ませながら股を触ってきました。

「あ、あ、いい、んん」

と言葉が出なくなるくらい舌を絡ませて、涎も流れてきました。

「こんなおじさんが本当に好きなの?嬉しいな~珍しいよね」

とベッドに横にながら服を脱がされて、気持ちよくなってきました。

「あぁぁぁダメぇぇ気持いいぃぃ」

「汗臭い匂いが好きなんだろう?このままセックスしようか」

私の顔におじさんの股間が近づいてきて、チャックを下ろすと大きくなったち○ぽが出てきました。

臭い…一瞬思いましたが、私は無我夢中でおじさんのち○ぽをしゃぶりました。

じゅぽじゅぽと音を立てながらおじさんは腰を振ります。

「あ~気持ちいいよ。おちんちん口で綺麗にしてね」

私は頑張って玉も綺麗に舐めました。

すると69の体勢になり、私のマンコを美味しそうといって舐めました。

私は声が出せず、ひたすらおじさんの大きいものを咥えていました。

おじさんの背中から汗がたくさん出ていました。

コンドームを着け終わると、私のお尻を持ち上げてゆっくりとちんぽを入れてきました。

「あ、はぁん、凄い」


「中温かくて気持いいよ…」

おじさんのチンポがクリに直接当たっているのが分かります。

おじさんの額から汗が出てきて私の顔に垂れてきました。

「気持ちいい…もう出そうだ」

そう言うとさらに激しく腰を振り、動きが早くなり

「もっと!もっと!もっと!」

と声を上げて、チンポを抜くと私の顔におじさんの精液が降りかかってきました。

ドクンッ!とチンポから精液がたくさん出てきました。

おじさんは肩で息をしながら私にキスをしてきました。

私はこんなおじさんが大好きです。

ザーメンを綺麗に舐めとり、今日初めてのシャワーを浴びてホテルから出て行きました。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです