パートに来ている34歳の主婦とのSEX体験 [エッチ体験] - エッチ体験談 オナニー専用エッチな話

パートに来ている34歳の主婦とのSEX体験 [エッチ体験]

私は自営業を営んでいる者です。
私の店のパートは34歳の主婦は、ものすごく綺麗で接客も明るく男女問わずお客様にも大好評です。
彼女は小学生の子供が1人いますが体のラインは素晴らしいの一言です。
私より、年は10歳近く違いますが、年の差を感じないくらい肉体的にも精神的にも若いです。
私たちの関係は約1年前くらいから続いています。
仕事が終わり、月2回ぐらいのペースで会ってます。
彼女は私の言うことは何でも聞き入れてくれますので、コスプレ、ハメ撮り、何でもあり!
SEXはいつも生、一応人妻なので排卵日は計算して外に出してますが、それ以外はいつも中出してます。
フェラも腰使いもアソコの締りも最高です。
先月の、お話を致します。


いつもどうり仕事を終え、ホテルに向かい、シャワーを浴び、その日は、バドガールになってもらい、攻めていると
「今日は排卵日だから絶対外に出してね」
っていうので、いつものようにハイハイと流しました。
私も中に出すつもりはなかったのですが、ちょっと意地悪してみました。
彼女がイキそうになるとピストン運動を止め、ペニスを抜くと、彼女は、気が狂ったみたいにもだえます。
「いや~止めないで~何で何でぇ~」
「お願い、お願い」
「じゃ~何でも言うこと聞く」?って聞くと、
「うんうん」
「何でも聞くから何でもするから~イカせて~お願い~」
聞くってことなのでピストン運動再開。
私も面白くなり冗談で
「じゃ子宮ににぶっ掛けるから受け止めろよ」
っていうと、彼女はイキそうになっているので訳もわからず
「ははははい!、ははい!」
でも言葉の意味を理解したのか、彼女は
「ダダダメ~、ダメ~中はぁー」
「今、今、排卵が~あああああ~」
「赤ちゃん出来る~出来ちゃうよ~~」
「なな中だけは、中だけは出さないでぇ~お願い~~」
じゃ~ヌポッとペニスを抜くと、泣きながら
「ごめんなさい~ごめんなさい~本当にごめんなさい」
「もう今日は終わり」
って私がいうと
「中にかけていいから~中にいっぱい出していいから~」
「全部、受け止めるから~」
「だからだから止めないで~」
「抜かないでぇ~」
「じゃ~俺の種、植えつけてもいいんだ」
「はい!はい!はい!」
「いっぱいください!」
「植えつけてください!」
「いかせてください!」
「奥でいっぱいください」
とのことなので、射精感も高まり、
ドクン、ドクン、ビュー、ビュー
出してあげました。
彼女も私が脈打つと同時に痙攣してエビ反りになり昇天しました。

5分ぐらい余韻に浸ってましたが、自分のマ○コから私の子種汁が出てきことに気付き慌ててシャワーに行きました。
帰ってきて
「大丈夫かなぁ~?」
「出来てないかなぁ~?」
「心配だよ~」
「でもちょっと犯されてるみたいで興奮したなぁ~」とのこと・・・。
「気持ち良さにはかてないよ~」
「でもズルイよ~途中で止めちゃうなんて~」
「途中で抜かれたら、女なら誰でも、言うこと聞いちゃうよ~」

現在、人妻の彼女は生理がきていません。
ちょっと私も悪いことしたなって後悔していますが、旦那さんと私が同じ血液型なので
「生んで育てるかも」
「でもどうしょう~」
彼女も私も今凄く悩んでいます。
出来るなら私は産んでほしいな!
だって100%自分の子ですもん。
でもこれからは中出しは気をつけます。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです